忍者ブログ
S/A
S/A-blog

[PR]

2017/12/18(Mon)21:46

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|Comment

WEB拍手返信なのですが

2008/07/25(Fri)18:38

きわめてWEB拍手返信らしからぬ内容ですので、自己責任で宜しくお願いします。

■朱鳥堂さんへ

熱いコメントを有り難うございました。

…と、これでレスを終わっても良いのですが、思うところがありますので、もう少し。
朱鳥堂さんがとても一生懸命LASを好きでいらっしゃるのは良く伝わりました。
けれど、それ以外の他のカップリングについて言及されましても、こちらとしては返答に困ります。
エヴァというアニメ作品を見て、一人一人がどう感じるか、何を好きになるかは個人の自由で、LASが正しくて他が間違っているとかそういう問題ではありません。
他人が何をどう好きであろうと関係のないことなのです。自分がLASを好きならそれでいいと思うのです。
仮に、LASだった人が他のカップリングを好きになったとします。とても寂しい事かもしれませんが、それを怒ったり罵ったりするのは虚しいことです。何故なら、そういう訴えをしたところで、他人の趣味嗜好は絶対に変えられないし、何も生みません。
他人の趣味嗜好を否定する事は、自分の趣味嗜好を否定されても文句を言えないという事です。
嫌いだ!と主張する時間があるならば、好きだ!と主張する方が何倍も楽しいと思いませんか?私はそう思います。

貞本氏の漫画についても同じ様な事が言えるでしょう。
確かにあの漫画はアニメ原作と比べると、LAS要素が少ないですよね。けれど、そもそもアニメ原作自体、恋愛がテーマではありませんし、さほど重要な要素ではないと私は考えています。
貞本氏がどのような考えであのような作品にしたのかはあずかり知らぬ事ですが、何か考えがあっての事でしょう。
嫌だと思う部分があるのならば、読まない、気にしないのが一番かと思います。
私個人としては、貞本氏のエヴァ漫画単行本が発行されたら買います。読みます。けれど再読はほとんどしません。そのくらいのとらえ方です。
あの漫画はアニメ原作の「派生」作品だと思っているからです。「オリジナル」はひとつだけなのですから。

朱鳥堂さんはLASが大好きすぎて、思い詰めてしまっているのではと感じました。だから却って意に沿わない部分が目に付いてしまい、許せなくなってしまうのでは?と。
わざわざ気に入らないものを見て傷つくのは精神的にきつい事でしょう。もっとご自分に優しくなってはいかがでしょうか。
本来何かを好きだと思う事は楽しい事のはずです。
せっかくエヴァという素晴らしい作品に出逢い、LASという「シンジとアスカの関係性」に惹かれたのだから、他は気にせずLASを楽しみましょう。


少しだけと言いつつ長くなってしまい申し訳ありません。
また、ここを読んでしまった他の方で、もし不快な気分にさせてしまっていたらやっぱり申し訳ありません。
本来メールでやりとりするような内容ですが、拍手コメントへのレスである事からこちらで返信致しました。

拍手

PR

No.177|WEB拍手返信Comment(0)

Comment

Comment Write

Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字